お葬式なびTOP > 社葬・合同葬

社葬・合同葬

社葬・合同葬社葬とは、会社をあげてトップや功績のあった社員を追悼するために行う儀礼を意味します。社員にとっては企業文化や理念を改めて確認するとともに、一層の結束を図る機会となります。
また社外に対しては、次世代を担う人物を葬儀委員長として立て、会社の経営姿勢や事業継承を示すことが狙いとなります。

社葬は個人葬に対する言葉で、規模の大小は問いません。費用負担と運営主体が誰なのかによって使い分けされるもので、遺族と企業とが合同で行う場合は、合同葬(準社葬)と言われています。

社葬には会社の品位や姿勢が現われるものです。そのため、進行や内容は十分に吟味し、計画的に進めていかなければなりません。葬儀社を選ぶ際には、これまでどのような社葬・団体葬を手がけてきたか実績を考慮し、スタッフの質や提案力などはもちろん、アフターフォローまで含めて総合的に判断します。
ほとんどの葬儀社が「個人葬から社葬まですべて対応しています」とうたっていますが、大規模葬に精通している葬儀社は、実際のところそう多くはありません。担当者は必ずしもベテランである必要はありませんが、社葬の場合は政治家や財界人の参列が多くなることもありますから、一般的な社会常識をわきまえているかどうかも案外決めてとなります。

社葬といえば、以前は宗教儀礼を中心にセレモニーが行われることが多かったのですが、近年は「偲ぶ会」「お別れ会」などといった無宗教形式での社葬が増え、場所もホテルで行われるケースが増えてきました。ホテルを利用するメリットは、施設が整っていること、案内や着付け、送迎などが1ヶ所で手配できる点などですが、基本的には読経不可、焼香不可、遺骨の持ち込み不可と制限がありますので注意が必要です。ホテルでパーティー形式でお別れの会を行う場合は、華やかさがある反面、やや厳粛さに欠けてしまうので、通常の企業パーティーとの差異をつけた形で演出にひと工夫したほうが良いでしょう。

Story 葬儀の後でもできる大切な人のお別れ会

ページの先頭に戻る

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

いい葬儀 お客様センター 0120-393-100

アンケート回答で5,000円JCBギフトカード進呈中