お葬式なびTOP > お葬式とは

お葬式とは

お葬式とは 人類は有史以来、さまざまな方法で葬送を行ってきました。はるか5~6万年前のネアンデルタール人が死者の側に花を置いて埋葬したという説もありますし、「古事記」からも日本の古代の葬送儀礼についての手がかりを得ることができます。

葬送は国や民族、習慣、宗教によって異なります。「葬儀とは何か」「なぜお葬式をするのか」「お葬式は必要か、不必要か」など、さまざまな議論が繰り広げられていますが、考え方によって葬送方法の受け止め方が異なるのは当然のことです。

さて、現代の日本の葬儀事情ですが、最近の傾向としては次のような点があげられます。

お葬式とは・参列者の人数が減って、規模の小さい葬儀が希望する人が増えた。
・自宅で行う葬儀が減って、斎場を利用する人が多くなった。
・故人の人柄を彷彿させるような、その人らしい葬儀を希望する人が増えた。
・事前に葬儀社を比較検討する人が増えた。

バブル期のような、大型祭壇や華美な装飾を好む人はごく僅か。「低価格化」「シンプル化」の傾向に拍車がかかり、事前に数社を比較検討して葬儀社を選び、できるだけ無駄を省いた形で葬儀を行いたいという人が増えています。

ページの先頭に戻る

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

いい葬儀 お客様センター 0120-393-100

アンケート回答で5,000円JCBギフトカード進呈中